家庭教師は変更可能です。やってみて何かが違うという感覚があるなら変更をしてみることをおすすめします。そうやって中学受験に適した講師を見つけるようにしてください。変更タイミングは人によって異なりますが。大体あまり効果が感じられない場合に変更をするのが良いかもしれません。

家庭教師を受けている時に、本当に良い家庭教師は長く続ければある程度の学力はなります。いくら子供が勉強を苦手としていても、うまくやっていくことで学力を上げることができるでしょう。ですから、中学受験をしている時に成果が出なかったり、あまり良い授業をしていないと判断できたりした場合は変更をおすすめします。ただし、本当に成果が出ていないかを確認することを忘れないようにしてください。中学受験の偏差値などはかなり変わりにくいものです。特に中学受験となると変動させるのに時間がかかることがあります。ですから、本当に成果が出ているかを確認するのが難しいことがあるでしょう。また、子供が楽しく勉強をすることができるならそのままでも良いかもしれません。劇的な成果が出るまで時間がかかる場合がありますので注意です。

家庭教師の変更タイミングは自分の考えだけでなく、子供の状態や感想を聞いてからのほうが良いです。それからの変更でも遅くはありません。中学受験に適していると判断される何かがあればそのままその家庭教師でやっていくのも良いです。