中学受験が近づいてきて焦っている状態で家庭教師を選ぶ人がいますが、その状態に注意です。確かに急ぐ必要があるかもしれませんが、急ぎすぎて結局良くない家庭教師を獲得しても意味が無いことになりますので、焦っている時こそよく考えて選ぶようにしてください。

焦るような状態まで家庭教師に手を付けなかったというのが問題ではありますが、過ぎたことは仕方が無いです。しかし、焦って適当に家庭教師を選ぶということは中学受験の合格が難しくなりますので注意です。焦っているからこそ冷静に考えないといけません。基本は学習方法が良いこと、中学受験生との相性が良いことです。これができていれば大体の場合良い家庭教師になります。あとは、中学受験生の勉強の頑張り方になります。

時間が時こそ面接で会ってみるのが良いです。実際話を聞いて、どのような先生かを見てみることをおすすめします。その時に中学受験生も連れていって相性が良いかを確認すれば一石二鳥なので会ってみると良いです。話してみて本当に良いならやってみると良いし、少し考えたいなら他の家庭教師と面接をすると良いです。そして、中学受験に対抗できるような先生を見つけるようにしてください。